[macOS Big Sur]XAMPPが起動しなくなりボリュームマウントできなくなった時の対処方法

2021年2月14日

macOSを"Big Sur"にアップデートした後、ボリュームをマウントするVM版XAMPPが起動しなくなってしまった場合の対処についてです。

Xamppのアプリ画面

データを取り出す

(念の為、この作業の前には古いXAMPPのアプリケーションファイルをコピーしておくことをおすすめします)

データが入っている以下のパスのディレクトリをコピーしておきます。

/Users/[username]/.bitnami/stackman/machines/xampp

その後 stackman 以下を削除します。削除しないと、別のXAMPPの初期起動時にエラー(stack: cannot calculate MAC address: signal killed)が出ます。

削除したら、動かなくなったXAMPPよりも新しいバージョン(7.2.34など)のVM版をこちらからダウンロードし、古いXAMPPを削除して、通常通りインストールして起動してください。

起動すると(stackman以下のデータを消したため)初回起動である旨のダイアログが出ます。ボリュームをマウントする動作を確認したら、XAMPPを閉じてください。そうしたら、先程コピーしたディレクトリ xampp で、新しく作られた同じパスのディレクトリの xampp を上書きします。

XAMPPを再起動すると、データが取り出せるようになっているはずです。データを取り出したら新しいXAMPPのディレクトリに移動させましょう。

XAMPPはVM版よりInstaller版の方が楽?

現在の最新版(8.0.2)は、VM版とインストーラ版の両方があります。

筆者は以前はインストーラ版を使っており、途中でVM版に切り替えていましたが、軽くPHPを触る程度であれば localhost であるインストーラ版の方が断然扱いが楽に思えます。VM版はファイルを見たいときも毎回ボリュームをマウントしないといけない上、ファイルの権限を弄る必要があることがあり、ちょっと面倒でした。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です