[macOS]キーボードのキー入力を自由に変換できるアプリ

2021年12月1日

Macを購入する際、付属するキーボードの配列の種類(JIS、US、UKなど)を選択できます。これらはcommandやoptionといった特殊キーの位置が異なっています。

macのUSキーボード配列

macのUSキーボード配列

個人的に長い間USキー配列を使用していたのですが、とある事情でJISキー配列のMacbookを使用することになりました。

USキー配列に慣れてしまっていたため、キー位置の違いで誤操作が多発して結構気になりました。

調べてみると、JISキーによる入力をUSキーであるかのように内部的に入力キーの意味(入力キーの種類)を変換してくれるアプリ「Karabiner-Elements」を見つけたので紹介します。

キー入力を任意にカスタマイズ

Karabiner-Elements は、あるキーによる入力を別のキーによる入力として処理するように設定できるキーボードカスタマイズアプリです。現時点での最新のmacOS(Monterey)にも対応しています。

https://karabiner-elements.pqrs.org/

単純な変換以外にも、一つのキーを押すだけで複数キーによる入力として処理させたりといった複雑なこともできるようです。

入力システムに影響するため、アプリを使用するには環境設定の「セキュリティとプライバシー」から入力監視を許可する必要があります。

macのセキュリティとプライバシー(入力監視)の許可

以上を許可の後、設定を行えるようになります。

今回はJISキーボードの特殊キーの位置をあたかもUSキーボードと同じ位置であるように入力が変換されるように設定したいので、単純なキー変換で事足りました。

具体的なキー変換設定は以下のようになります。

macのJISキーをUSキーの配列に変換する例

  • 英字キー → Command
  • Command → Option
  • Option → Control
  • Control → CapsLock
  • CapsLock → Fn

JIS配列だとContorlキーがUS配列とかなり異なる位置にあるため、USに慣れていると非常に入力しにくかったです。

このようにアプリで変換設定することにより、実際のキー配列とは別の配列のように振る舞わせることができるため快適に作業を行うことができます。

以上、キーボードの入力キーを自由に変換できるアプリについてでした。

より詳しい使い方については以下の公式ドキュメントを御覧ください。

Documentation | Karabiner-Elements

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です