文字列の長さを調べる

2016年8月1日

変数に代入した文字列の文字数を簡単に数える

前回はawkを使って、行番号を振ったり、行数を調べたりできるプログラムを作りました。

今回は一旦awkを離れ、シェルスクリプトで文字列の長さを調べる方法を紹介します。

文字列の長さを表示するシェルスクリプト

第1引数として受け取った文字列の長さを出力するシェルスクリプトを以下に記載します

    #!/bin/bash

    # 第1引数として受け取った文字列の長さを表示するシェルスクリプト

    text="${1}"
    echo ${#text}
  

変数に入っている文字列の長さを調べるには、ハッシュ記号(#)を使います。イゲタとも呼ばれます。シャープ(♯)は似ていますが別の記号です。

${#変数名} と書くと、変数が含む文字列の長さが取得できます。変数名の前にハッシュを書けばOKです。日本語も1文字としてカウントされます。

これだけで文字列の文字数を調べることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です