古典物理学」カテゴリーアーカイブ

温度の単位の定義と変換式 華氏と摂氏と絶対温度

By | 2017年12月8日

国内では、普段温度を表す単位として℃(摂氏、セルシウス度)が使用されています。しかし、ある国では℉(華氏、ファーレンハイト度)という温度の単位が使われています。 また国際単位にはK(絶対温度、ケルビン)というものが定義さ… 続きを読む »

[古典物理学] 運動の3法則と運動方程式

By | 2017年7月23日

古典物理学の力学(ニュートン力学)には3つの法則があります。 この中には、物体の加速度と力の関係を記述する重要な式である運動方程式に関わる法則もあります。 慣性の法則(運動の第1法則) 運動方程式(運動の第2法則) 作用… 続きを読む »

[古典物理学] 力のモーメントと角運動量

By | 2017年7月16日

近年、素粒子を利用した量子通信の実用に向けた動きが活発化しています。 素粒子は量子力学で記述される分野ですが、その理解には古典物理学の知識が必要となります。量子通信は電子のスピンを利用したものですので、電子(荷電粒子)の… 続きを読む »

[古典物理学] 速度と加速度の違い

By | 2017年7月16日

「速度」というと日常生活でもよく使われますが「加速度」はそれほどでもないかもしれません。 今回は、物理学の最も基礎となる「速度」および「加速度」の概念とこれらの違いについて、できるだけ前提知識を必要としないように紹介しま… 続きを読む »