磁気モーメント(magnetic moment)

電子が持つ角運動量に由来する磁気的な量。単位はWb・m

仮想的な物理量である「磁荷」を考えることによって、以下のように表される。

仮想的な正負の磁荷 +q, -q [単位はWb] が距離 r [m] だけ離れて対を作っているときに磁界 H [A/m] を加えると、+q には +qH の力が、-q には -qH の力が加わり回転する。回転のトルクは qr × Hと表される。qr を磁気モーメント m [単位はWb・m] という。実際には磁荷という物理量は存在しないので、qr と等価な回転を与えるもとを磁気モーメントと呼ぶ。*1

文献一覧
*1 東京農工大学工学部 磁性入門 佐藤勝昭: http://web.tuat.ac.jp/~katsuaki/hosei/Jiseinyumon.pdf


磁気モーメントに関する情報を検索: [学術機関を検索] [政府機関を検索]

このページの最終更新日時: 2018-06-18 (月) 10:30:35