確定申告書Aと確定申告書Bの用途の違いについて

確定申告書Bの1ページ目

通常、所得税と復興特別所得税の確定申告には「確定申告書A」または「確定申告書B」を使います。

これら2つの申告書の使い分けの基準について紹介します。

確定申告書Aについて

国税庁の公式サイトによりますと、確定申告書Aは以下の場合に使用する申告書となります。

確定申告書Aは、申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、総合課税の配当所得、一時所得のみの方が使用できます(予定納税額のある方は、確定申告書Bを使用します。)。
平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書A用|確定申告に関する手引き等|国税庁

この文の中で登場する各税用語についてです。詳細はリンク先の国税庁のページをご覧ください。

したがって、個人事業主などの事業所得がある人は、確定申告書Aを使うことができません。事業主は次に紹介する確定申告書Bを使います。

確定申告書Bについて

確定申告書Bはどのような種類の収入があるかに関わらず使用できます。

確定申告書Aで申請できる人でも、確定申告書Bを使うことができます。

確定申告書Bは、所得の種類にかかわらず、どなたも使用できます。
平成28年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き 確定申告書B用|確定申告に関する手引き等|国税庁

様々な申告に対応しているため、記入項目の数が確定申告書Aよりも多くなっています。「その他」と「延納の届出」の項目を除けば、確定申告書Aは40項目、確定申告書Bは48項目です。

事業所得があり、自分で確定申告をする必要がある人はこちらを使います。

おしまい

以上が基本的な使い分けの基準です。実際の申告書の書き方やより厳密な説明については、以下のページをご覧ください。

確定申告に関する手引き等|所得税(確定申告書等作成コーナー)|国税庁

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://joyplot.com/life/2017/09/20/%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e7%94%b3%e5%91%8a%e6%9b%b8/trackback/

PAGE TOP