栄養剤「グロンサン内服液」に含まれる栄養素とその効果

最終更新日時 : 2016年11月20日
グロンサン内服液

ライオン株式会社の栄養ドリンク「グロンサン内服液」に含まれる有効成分の効果についてです。

グロンサン内服液の有効成分

グロンサン内服液1瓶(20mL)中に以下の成分が含まれています。添加物を除いた有効成分です。

  • グルクロノラクトン: 600mg
  • ビタミンB1硝酸塩: 10mg
  • ビタミンB2リン酸エステル: 3mg
  • ビタミンB6: 20mg
  • ニコチン酸アミド: 20mg
  • 無水カフェイン: 50mg

この栄養ドリンクの効果は以下のように説明されています。

  • 滋養強壮
  • 虚弱体質
  • 肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

グロンサン内服液|製品情報 | ライオン株式会社

各成分について、その効果を詳しく見ていきます。

グルクロノラクトン

グロンサン内服液の目玉となっている有効成分です。

マウスを対象としたグルクロノラクトンを摂取した後に運動をした場合の、血液中の脂質の変化を観察した実験では、血清脂質(中性脂肪やコレステロールなど)の低下が見られたそうです。

G−Lの影響は脂質由来の脂肪組織及び肝臓に限定してみられ,脂質代謝全体に影響があるものと考えられる。この特徴は血清FFA及びTG並びに脂肪組織TGの低下にみられるように脂質利用が著しく高まっている点にある。
運動後の脂質変動におけるグルクロノラクトンの影響

G-Lはグルクロノラクトン、FFAは遊離脂肪酸、TGはトリグリセライドのことです。つまり、脂肪以外に影響を与えることなく効率的な脂質利用を行えるということです。

グルクロノラクトンの疲労の予防および回復を早める効果は以下の実験により実証されたそうです。

グルクロノラクトン投与群(G群)とプラセボ群(P群)の自覚症状有訴数はG群が少なく、運動後心拍数の回復が若干はやい傾向が観察された。また血中物質の変化はG群が良好な結果を示したことからグルクロノラクトンが疲労発現に予防的に作用し、回復を促進すること、またストレスに対しても効果を示すことが示唆された。
グルクロノラクトン投与の生体に及ぼす作用についての予備的研究

簡単に説明すると、グルクロノラクトンが入っていると思い込まされたものを飲んだ人達(P群)は、何か体に良い影響があったかのような気分にはなっているものの、実際にそういった変化は起きませんでした。

逆にグルクロノラクトンが本当に入っているものを飲んだ人達(G群)は、この成分による回復効果を自覚してはいないものの、実際には疲労が早く回復する効果が現れたということになります。

また、グルクロノラクトンは血液などの体液中ではグルクロン酸に変化します。

グルクロノラクトンとグルクロン酸は水溶液中で平衡関係にあり両者の成分比はpHによって左右される。血液などの体液中では,pHが中性に近いため,大部分がグルクロン酸として存在する。
国立大学法人 旭川医科大学 グロンサン

このグルクロン酸は、肝臓でビリルビンの処理(一種の解毒)を行います。

脾臓を出た時のビリルビンは脂溶性で(これを間接ビリルビンと呼びます)水に溶けてくれません。そこで、グルクロン酸が作用(抱合)して水溶性に変化させます(これを直接ビリルビンと呼びます)。

これによってビリルビンは胆汁の成分として腸管に排出されるようになります。

以上のように、グルクロノラクトンには疲労回復や解毒の効果が実証されていることがわかりました。

グルクロノラクトンは、海外では最もエナジードリンクで使われている物質のようです。レッドブルなどに含まれています。

Glucuronolactone is most commonly known as a popular component of energy drinks.

Glucuronolactone naturally occurs in the connective tissue (eg tendons, ligaments, cartilage) of humans and animals, as well as in the gums of plants. It is also common ingredient in higher concentrations in energy drinks such as Red Bull.

It has been reported that consuming a supplement containing glucuronolactone 10 minutes before exercise resulted in improved exercise performance (Hoffman et al, 2008)
Glucuronolactone Benefits, Effects, Dangers – MrSupplement.com.au

[日本語訳]
グルクロノラクトンはエナジードリンクの成分として最も一般に知られている物質です。
...
グルクロノラクトンは植物の茎と同じく、通常は人間や動物の腱や靭帯、軟骨などの結合組織に発生します。レッドブルのようなエナジードリンクに高濃度で入っている材料としても知られます。
...
グルクロノラクトンを含むサプリメントを運動の10分前に摂取すると、運動のパフォーマンスが向上したという結果が報告されています。(Hoffman et al, 2008)

ビタミンB1硝酸塩

チアミン硝酸塩とも呼ばれます。

ビタミンB1はチアミン塩酸塩だったりチアミン硝酸塩だったり様々な塩のとして存在しますが、基本的にはこれ自体がビタミンB1だと考えて問題ありません。

ビタミンB1が不足すると、脚気(全身倦怠や心臓肥大、最低血圧低下など)やウェルニッケ脳症などを発症することが知られています。

白米にはなく玄米には入っていることで有名なビタミンです。豚肉や大豆に多く含まれます。

ビタミンB2リン酸エステル

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれます。

これもビタミンB1と同じように、他の物質との化合物として様々な形で存在します。

例えば、リボフラビンリン酸エステルナトリウムという形で、ビタミンB2の欠乏症治療のための注射薬(ビスラーゼ注射液)として使用されています。

したがって、これもそれ自体がビタミンB2と考えて問題ありません。

ビタミンB2の欠乏症は口角炎、口唇炎、舌炎、湿疹、ペラグラなどがあります。

このビタミンはレバーや脱脂粉乳、納豆などに多く含まれます。

ビタミンB6

これはそのままビタミンB6です。

化学的な名称はピリドキサール、ピリドキシン、ピリドキサミンなどです。

ビタミンB6が不足すると、体重減少や皮膚炎、かぶれ、にきびなどが発生します。

このビタミンはマグロやニンニクに多く含まれているようです。

ニコチン酸アミド

ナイアシンとも呼ばれるビタミンBの仲間です。

ナイアシンの不足はビタミンB系の不足に似た症状が出ます。

ニコチン酸アミドはペラグラと関係の深い多くの皮膚疾患(口角炎、口内炎、舌炎、急・慢性湿疹、接触皮膚炎、光線
過敏性皮膚炎)の治療に用いられる。
また細胞の酸化還元反応に不可欠であることから、末梢循環障害(レイノー病、四肢冷感、凍瘡、凍傷)に、更に内耳の迷路細胞の呼吸機能を賦活することから、耳鳴、難聴の治療に用いられる。
ニコチン酸アミド製剤 ニコチン酸アミド散 10%

無水カフェイン

無水カフェインは、水分子を含まないカフェインで、主に工業的に製造されるものです。

無水とついていますが、一般的なお茶やコーヒーに含まれているカフェインと違いはありません。

グロンサン内服液に含まれるカフェインは50mgですが、これは一般的な缶コーヒーよりも少なく、500mlの伊右衛門と同じ量です。

グロンサン内服液は1瓶20mlですから、伊右衛門の50倍の濃度でカフェインが入っていることになります。

東京福祉大学 短期大学部 日常生活の中におけるカフェイン摂取 -作用機序と安全性評価-

おしまい

以上、グロンサン内服液の有効成分についてでした。

知っているはずの成分でも、名前が違ったり、何かとの化合物として表記されていたりするので疑問に思ってしまうことがあります。

目玉成分であるグルクロノラクトンも、実験に基づいて効果がある成分と認められているようです。


【第3類医薬品】グロンサン内服液 20mL×30

グロンサン内服液は「グロンサン強力内服液」という30mlに増えたものや、錠剤タイプの「グロンサンゴールド」が販売されています。

【第2類医薬品】グロンサンゴールド・錠 180錠

参考

ビリルビンと腸肝循環

福岡大学 理学部 機能生物化学研究室 生化学の基礎 ビタミン

薬品 詳細表示 ビスラーゼ注射液10mg

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP