[Swift4] NSWindowを閉じる前にNSAlertで確認ダイアログを表示する

By | 2019年3月18日

macOS向けのアプリケーションウィンドウを終了させる際に確認ダイアログを表示するプログラムのサンプルです。

Swiftでウィンドウを閉じる際に表示されるダイアログを作成

プロジェクト新規作成後の AppDelegate.swift を以下のように変更して下さい。

import Cocoa

@NSApplicationMain
class AppDelegate: NSObject, NSApplicationDelegate, NSWindowDelegate {

    @IBOutlet weak var window: NSWindow!

    func applicationDidFinishLaunching(_ aNotification: Notification) {
        window.delegate = self
    }

    func applicationWillTerminate(_ aNotification: Notification) {
        
    }
    
    // 確認ダイアログの作成と表示
    func showDialog(_ mainText: String, description: String) -> Bool {
        let alert = NSAlert()
        alert.messageText = mainText
        alert.informativeText = description
        alert.alertStyle = .warning
        alert.addButton(withTitle: "はい")
        alert.addButton(withTitle: "いいえ")
        return alert.runModal() == .alertFirstButtonReturn
    }

    func windowWillClose(_ notification: Notification) {
        // ウィンドウを閉じると同時にアプリケーションを終了
        NSApp.terminate(window)
    }
    
    func windowShouldClose(_ sender: NSWindow) -> Bool {
        // 閉じる前に確認ダイアログを表示
        return showDialog("アプリを終了しますか?", description: "保存されていない編集は破棄されます。")
    }
}

サンプルの解説

NSWindowDelegateの設定

ウィンドウ(NSWindow)が閉じられようとしていることを感知するには、そのウィンドウの delegateNSWindowDelegate を指定します。上記のサンプルでは AppDelegate に NSWindowDelegate を設定し、これをウィンドウに渡しています。

window.delegate = self

これによって、ウィンドウが閉じられる前にメソッド windowShouldClose が呼び出されるようになります。ここで、ダイアログを表示するコードを書きます。

ダイアログの作成と表示

ダイアログの作成はクラス NSAlert を利用します。ダイアログのタイプや表示するテキスト、選択肢を指定します。

    // 確認ダイアログの作成と表示
    func showDialog(_ mainText: String, description: String) -> Bool {
        let alert = NSAlert()
        alert.messageText = mainText
        alert.informativeText = description
        alert.alertStyle = .warning
        alert.addButton(withTitle: "はい")
        alert.addButton(withTitle: "いいえ")
        return alert.runModal() == .alertFirstButtonReturn
    }

これで「はい」を押すと true が、「いいえ」を押すと false が返される警告ダイアログができます。このダイアログから true が返された場合にウィンドウが閉じられます。

ウィンドウを閉じるとともにアプリを終了させる

デフォルトではウィンドウを閉じてもアプリ自体は終了しませんが、ここでは NSWindowDelegatewindowWillClose を使ってウィンドウを閉じると同時にアプリケーションを終了するようにしています。

以上、NSWindow を閉じる前に NSAlert で確認ダイアログを表示するプログラムのサンプルでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です