[macOS] FileZillaでリソースフォーク(._)を非表示にするフィルタを設定

By | 2018年8月7日

macOSでUSBメモリなどの外部ドライブをマウントし、その中でファイルを作成すると、名前の先頭にドットとアンダースコアが付いたファイル(._)が勝手に作成されます。

これは Finder で隠しファイルを表示する状態にしていても表示されませんが FileZilla のようなファイル転送ソフトの標準設定では表示されます。

ドットとアンダースコアがファイル名の先頭に付いたファイル

このドットとアンダースコアが付いたファイルはリソースフォークと呼ばれ、ファイルの補助的な情報を保持するもののようです。筆者の環境では、XAMPP のドライブ上でファイルを作成した際に作成されました。

ファイルが多くなってくると、ファイル一覧が見にくくなるので FileZilla でリソースフォークを非表示にする方法について紹介します。

フィルターを追加

以下のようにリソースフォークが存在するディレクトリがあるとします。

リソースフォークが含まれるディレクトリの例

FileZilla で特定のファイルを非表示にするためにはフィルターを作成します。メニューから「ディレクトリリストのフィルタリング」を選択して下さい。

FileZillaのディレクトリリストのフィルタリング

以下のような画面が開きます。

フィルタリングの一覧

この画面の左下の「フィルタールールの編集」を選択すると、以下の画面が開きます。

新しいフィルタリングオプションを追加

開いた画面の左下の「新規」を選択し、新しく追加するフィルタ名を入力します。この例では「._」としました。

フィルタリングの詳細設定

実際にどんな名前のファイルを非表示にするかを設定します。今回は「._」がファイル先頭にあるもの(先頭一致)とします。設定が終わったらOKを押して下さい。

追加したフィルタリングを有効化する

追加したフィルタをチェックして有効化します。有効化後にファイル一覧を見ると、リソースフォークが表示されなくなっていることが確認できます。

リソースフォークが非表示となったファイル一覧

以上、FileZillaでドットとアンダースコアから始まるリソースフォークファイルを非表示にするフィルタの設定方法でした。

非表示にするのではなく、完全に削除したい場合はターミナルで処理を行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*