AudioKit を使って簡単な鍵盤アプリを作成する

By | 2017年3月17日

以前紹介した音声処理のフレームワークである AudioKit を使った、簡単な鍵盤アプリの作成例を紹介します。

アプリの完成画面

白鍵鍵盤8つ(1オクターブ分)のサイン波や三角波などを鳴らすことのできる簡単なキーボードです。

音を鳴らすと、音声の波形が画面上部に表示されます。

サイン波を鳴らして波形を表示するiOSアプリ

アプリのソースコード

AudioKit のサンプルアプリである「HelloWorld」をベースにしています。

AudioKitのサンプル

このサンプルは、ランダムに生成した周波数の音を鳴らすものでした。

これを変更し、ボタン(鍵盤)によって一定の周波数の音を鳴らすようにします。

また、Storyboardで作成されていたボタンや波形表示ビューは削除して、プログラム側(ViewController.swift)でこれらを再構成しています。

全ソースコードは以下の通りです。

ViewController.swift

import UIKit
import AudioKit

class ViewController: UIViewController {

    var oscillator: AKOscillator!
    
    // 音の周波数
    let frequencies:[Double] = [
        523.23,
        587.34,
        659.25,
        698.45,
        783.98,
        879.99,
        987.75,
        1046.5
    ]

    // 波形の種類
    let waveType = [
        AKTable(.sine),
        AKTable(.sawtooth),
        AKTable(.square),
        AKTable(.triangle)
    ]

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // 波形の種類を設定
        oscillator = AKOscillator(waveform: waveType[0])

        AudioKit.output = oscillator
        AudioKit.start()

        self.createWaveViewer()
        self.createKeyboard()
    }
    
    func createWaveViewer() {
        // 鳴っている音の波形ビューを作成
        
        let waveformPlot = AKNodeOutputPlot(oscillator, frame: CGRect(
            x: 0,
            y: 0,
            width: self.view.frame.width,
            height: 100)
        )
        waveformPlot.plotType = .buffer
        self.view.addSubview(waveformPlot)
    }
    
    func createKeyboard() {
        // 鍵盤の作成
        
        let maxKeyLength = frequencies.count
        let keyWidth:CGFloat = 50
        
        for i in 0 ..< maxKeyLength {
            
            let button = UIButton(frame: CGRect(
                x: CGFloat(i) * keyWidth,
                y: self.view.frame.height - 200,
                width: keyWidth,
                height: 200)
            )
            button.backgroundColor = UIColor(white: 1, alpha: 1)
            button.layer.borderWidth = 1
            button.layer.borderColor = UIColor.black.cgColor
            button.layer.cornerRadius = 4
            button.setTitle("\(i)", for: .normal)
            button.setTitleColor(UIColor.blue, for: .normal)
            button.addTarget(self, action: #selector(self.toggleSound), for: .touchDown)
            button.addTarget(self, action: #selector(self.toggleSound), for: .touchUpInside)
            button.tag = i
            self.view.addSubview(button)
        }
    }
    
    func toggleSound(_ sender: UIButton) {
        
        if oscillator.isPlaying {
            oscillator.stop()
        } else {
            oscillator.amplitude = 1
            oscillator.frequency = frequencies[sender.tag]
            oscillator.start()
        }
    }
    
}

サンプルの解説

オシレータ AKOscillator のインスタンス作成時の引数に、波形のデータを表す AKTable を渡すことで、サイン波や三角波、四角波などを発信できます。

鍵盤ボタンを押した時と離した時に、メソッド toggleSound が呼ばれます。

ボタンに設定したタグの番号によって、鳴らす音の周波数を切り替えています。

オシレータでなっている音の波形を表示するには AKNodeOutputPlot を使用します。これのプロパティである plotType を変更することで、表示される波形の種類を変更することができます。

AudioKit を利用した複雑なプログラムについても、いずれ紹介していければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です