javascriptでHTMLタグの属性を変更する DOMの利用(4)

By | 2016年11月19日

前回javascriptによる指定要素へのイベントリスナーの設定について紹介しました。

今回は、javascriptからDOMを利用して、ページ内のタグの属性を変更する方法を紹介します。

タグの属性操作サンプル

以下のサンプルソースコードでは、id属性に target という値を持つh1タグに、前回紹介したマウス操作に関する複数のイベントリスナーを付加しています。

これによって以下の動作が可能となっています。

  • マウスが乗ったら「red」というclass属性を付加し、マウスが離れたらclass属性を削除します。
  • クリックでstyle属性でフォントサイズを変更し、ダブルクリックでstyle属性を削除します。

class属性が「red」の要素は背景色が赤くなるようにCSSを設定しています。

サンプルソースコード

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>DOMによる属性の追加と削除</title>
</head>

<style>
	.red {
		background-color: red;
	}
</style>

<body>
	<h1 id="target">DOMによる属性の追加と削除</h1>
</body>

<script>

	// 要素をid属性を指定して取得
	var target = document.getElementById("target");

	target.addEventListener("mouseenter", function() {
		// マウスが重なったらclass属性を追加して値に「red」をセット
		target.setAttribute("class", "red");
	}, false);

	target.addEventListener("mouseleave", function() {
		// マウスが離れたらclass属性を除去
		target.removeAttribute("class");
	}, false);

	target.addEventListener("click", function() {
		// クリックされたらstyle属性を直接書き換える
		target.setAttribute("style", "font-size: 48px;");
	}, false);

	target.addEventListener("dblclick", function() {
		// ダブルクリックされたらstyle属性を除去
		target.removeAttribute("style");
	}, false);

</script>

</html>

サンプルの動作例

setAttributeとremoveAttributeで属性操作

マウスが乗ると、class属性に「red」が付加され、マウスが離れると無くなります。

クリックでstyle属性の変更によってフォントサイズが大きくなり、ダブルクリックで元のフォントサイズに戻ります。

タグの属性を操作するメソッド

属性の追加 setAttribute

setAttribute で指定した要素に属性を追加できます。

target.setAttribute(属性名, 属性の値);

class属性に「red」という値をセットするには、以下のようにします。

target.setAttribute("class", "red");

今回のサンプルのように、あるclass属性にCSSでスタイルを設定しておけば、class属性をつけるだけでタグの装飾の変更を行うことができます。

2つ目の動作のように、style属性を直接編集することでもスタイルの変更は可能ですが、拡張性にかけるので通常はCSSを使うようにします。

属性の除去 removeAttribute

removeAttribute で指定した要素にある属性を削除できます。

target.removeAttribute(属性名);

削除は属性名だけを指定すればOKです。class属性を取り除くには以下のようにします。

target.removeAttribute("class");

以上でタグの属性をjavascriptから自由に変更できます。

次回はjavascriptで新しいタグを作ってページのHTMLに追加する方法について紹介します。

javascriptでHTMLタグの属性を変更する DOMの利用(4)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: マウスのクリックや重なりに反応して要素を書き換える – DOMの利用(3) | JoyPlotドキュメント

  2. ピンバック: javascriptでHTMLタグを新しくページに追加する DOMの利用(5) | JoyPlotドキュメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です