[Swift3.0] パスワードの表示を平文と伏字で切り替えられるUITextField

By | 2016年10月31日

ボタンを押すと、UITextField に入力した文字列(パスワード)を伏字(黒い丸で文字がわからないようにする)にしたり平文に戻したりできるサンプルです。

UITextField の入力を伏字にする

UITextField の入力を伏字にするには、プロパティ isSecureTextEntrytrue にします。

let textField = UITextField()
textField.isSecureTextEntry = true

これだけでテキストフィールドに入力した文字列を伏字にできます。isSecureTextEntry を false にすれば平文表示に戻ります。

切り替えるサンプルソースコード

ボタンを押してパスワードの表示を平文と伏字で切り替えられるテキストフィールドのサンプルです。ボタンを押した時に、Bool値を逆転させることで切り替えを実現しています。

import UIKit

class ViewController: UIViewController, UITextFieldDelegate {
    
    var passwordTextField: UITextField!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        // テキストフィールドを作る
        passwordTextField = UITextField()
        passwordTextField.delegate = self
        passwordTextField.frame = CGRect(x: 8, y: 96, width: self.view.frame.width - 16, height: 48)
        passwordTextField.isSecureTextEntry = true
        passwordTextField.placeholder = "パスワード"
        self.view.addSubview(passwordTextField)
        
        // 切り替えボタン
        let button = UIButton(type: .system)
        button.setTitle("伏字/平文", for: .normal)
        button.addTarget(self, action: #selector(self.switchPasswordText(_:)), for: .touchUpInside)
        button.sizeToFit()
        button.center = self.view.center
        self.view.addSubview(button)
    }
    
    // 伏字と平文を切り替える
    func switchPasswordText(_ sender: UIButton) {
        passwordTextField.isSecureTextEntry = !passwordTextField.isSecureTextEntry
    }
    
    func textFieldShouldReturn(_ textField: UITextField) -> Bool {
        // 改行ボタンでキーボードを隠す
        textField.resignFirstResponder()
        return true
    }
    
    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
}

実行結果

まず、適当な文字列をテキストフィールドに書き込みます。

UITextFieldにパスワードを入力する

その後「伏字/平文」ボタンを押すと、文字列の表示が切り替わります。

パスワードの平文を表示した例

以上で、パスワードの表示を切り替えられる UITextField が作れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です