[Swift3.0] UITabBarControllerでタブ切り替えUIを作る

By | 2016年10月5日

Xcodeのテンプレートには、タブ切り替えベースのアプリを作るための Tabbed Application がありますが、これは Storyboard を使っています。

今回はStoryboardを使わずにタブベースの画面切り替えアプリを作る方法を紹介します。

UITabBarControllerについて

タブで画面切り替えをするためのクラスは UITabBarController です。

このクラスのメソッドである setViewControllers に UIViewController を格納した配列を渡せば、配列に入れた数だけページと切り替え用のタブを作ってくれます。

setViewControllers(_ viewControllers: [UIViewController]?, animated: Bool)

サンプルコード

AppDelegate.swift を以下のように書き換えます。ページに指定する ViewController は別に用意しておく必要があります。

    func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions:[UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        
        // ページを格納する配列
        var viewControllers: [UIViewController] = []
        
        // 1ページ目になるViewController
        let firstVC = ViewController1()
        firstVC.tabBarItem = UITabBarItem(tabBarSystemItem: .search, tag: 1)
        viewControllers.append(firstVC)
        
        // 2ページ目になるViewController
        let secondVC = ViewController2()
        secondVC.tabBarItem = UITabBarItem(title: "Page 2", image: nil, tag: 2)
        viewControllers.append(secondVC)
        
        // ページをセット
        let tabBarController = UITabBarController()
        tabBarController.setViewControllers(viewControllers, animated: false)
        
        // ルートを UITabBarController にする
        window = UIWindow(frame: UIScreen.main.bounds)
        window?.backgroundColor = UIColor.white
        window?.rootViewController = tabBarController
        window?.makeKeyAndVisible()
        
        return true
    }

サンプル実行結果

画面下部にタブが表示されます。

UITabBarControllerのサンプル1

タブを押すとページが切り替わります。

UITabBarControllerのページ切り替え

UITabBarItemについて

タブに表示されるアイコンと文字を設定するには UIViewController のプロパティ tabBarItemUITabBarItem を設定します。設定方法は主に以下の2つがあります。

システムに用意されたアイコンを使う

サンプルコードの例では、1ページ目のタブにすでにシステム側で用意されている検索アイコンを利用しています。

firstVC.tabBarItem = UITabBarItem(tabBarSystemItem: .search, tag: 1)

使えるアイコンの種類については tabBarSystemItem のドキュメントをご確認ください。

UITabBarSystemItem - UIKit | Apple Developer Documentation

自分でアイコンと文字列を設定する

サンプルコードの例では、2ページ目のタブは自分で文字を設定しています。

secondVC.tabBarItem = UITabBarItem(title: "Page 2", image: nil, tag: 2)

第2引数の image に nil を渡すと、サンプルのようにアイコンがないタブとなります。

以上で、Storyboardを使わないタブUIの実装ができました。

プログラムからタブを切り替える

タブを押さずに、あるページの ViewController から、別のページに切り替えさせたい時は、以下のプロパティにページ番号を入れます。

self.tabBarController?.selectedIndex = 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です