学問」カテゴリーアーカイブ

[古典物理学] 力のモーメントと角運動量

By | 2017年7月16日

近年、素粒子を利用した量子通信の実用に向けた動きが活発化しています。 素粒子は量子力学で記述される分野ですが、その理解には古典物理学の知識が必要となります。量子通信は電子のスピンを利用したものですので、電子(荷電粒子)の回転によって発生する… 続きを読む »

[古典物理学] 速度と加速度の違い

By | 2017年7月16日

「速度」というと日常生活でもよく使われますが「加速度」はそれほどでもないかもしれません。 今回は、物理学の最も基礎となる「速度」および「加速度」の概念とこれらの違いについて、できるだけ前提知識を必要としないように紹介します。練習問題もありま… 続きを読む »

プラズマとは何か プラズマの概要とその利用

By | 2017年2月26日

物質の状態には、固体、液体、気体、プラズマの4つが存在すると言われています。 今回はプラズマについて、その概要を紹介します。 プラズマとは 気体の温度を上げると、気体を構成する分子は原子に分離し、原子が原子核と電子に分かれます。 この現象を… 続きを読む »

電気のはなし(1)電気とは何か

By | 2017年1月13日

電気の学習をするにあたって、電流や電荷、電流などの言葉の意味の違いを理解することが重要になります。 今回は電気の元となる電子と、電荷や電流との関係について紹介します。 電気の正体 電気の源となるものは電子と呼ばれる素粒子です。 では、電子は… 続きを読む »

SI単位系(基本単位)と組立単位の種類と関係(2)

By | 2017年1月12日

前回はSI単位系(基本単位)について、その種類と定義を紹介しました。 今回は、その基本単位を組み合わせてできる組立単位の種類と定義について紹介します。 この記事で紹介する組立単位は以下の通りです。 単位記号 単位名称 単位が表す量 基本単位… 続きを読む »

SI単位系(基本単位)と組立単位の種類と関係(1)

By | 2017年1月10日

測定した事柄を定量的な数値として表すためには、そのための基本の大きさとなる単位を利用します。 単位には、世界共通で基本となるSI単位系(国際単位系や基本単位とも呼ばれます)と、それを組み合わせてできる組立単位があります。 今回は、SI単位系… 続きを読む »