[Java] クリック自動連打ツール Windows / macOS 対応

By | 2017年8月10日

画面の指定した座標を自動で連続クリックできるアプリケーションです。Java によって作成されているため、WindowsおよびmacOSで動作します。

Javaによるマウスやキーボードなどの自動操作に関しては、以下の記事をご覧ください。

[Java] Robotクラスを使ってマウスを自動操作する方法

クリック自動連打ツールのダウンロード

ダウンロードは以下のリンクをクリックしてください。

ZIP圧縮ファイルのアイコンクリック自動連打ツール(AutoClick.zip,8KB)

ダウンロードされたzipファイルを解凍すると現れる AutoClick.jar が実行ファイルです。ダブルクリックして起動してください。

クリック自動連打ツールのスクリーンショット

macOS Sierra

macOSで起動したクリック自動連打ツールの画面

Windows10

Windows10で起動したクリック自動連打ツールの画面

使用例アニメーション

クリック自動連打ツールの使い方

クリック自動連打ツールの使い方

クリック自動連打ツールの仕様の流れは以下の通りです。

1.クリックする座標を指定

クリックする場所(x座標とy座標)を指定します。

クリック座標設定」のボタンを押すと、画面をクリックすることでそのクリック場所の座標が取得できます。直接数値を入力することもできます。

2.クリックする間隔を設定

クリックとクリックの間にどれくらいの時間間隔を置くかをミリ秒(1000ミリ秒で1秒)で設定します。最小値は0で、最大値は60000(60秒)です。

3.クリックする回数を設定

クリックする回数を設定します。最小値は1回で、最大値は10000回です。

4.自動クリック開始

クリック開始」のボタンを押すと、マウスポインタが指定した座標に自動的に移動してクリックが始まります。

その他

自動操作を途中で止める場合はアプリケーションを強制終了してください。途中で停止させる機能はありません。

連打間隔が長い場合、その間に別のマウス操作を行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*