CocoaPodsでupdate,setup,installが出来なくなった場合の対処法

By | 2016年9月17日

Cocoapodsのロゴ

CocoaPodsでライブラリを導入しようとした際、Podfile に正しい記載をしたにも関わらず、pod install を行っても最新のライブラリが取得できない場合があります。

このようなときには、CocoaPodsのアップデートが必要になるのですが、そのアップデートがうまく働かない時があります。

具体的には、コマンド pod update および pod setup が途中で止まってしまう(ターミナルに何のメッセージも表示されない)現象が起きます。

CocoaPodsが止まる例

pod update が動かない例

pod update が動かない例

この表示のまま止まってしまいます。どこで止まっているかは --verbose オプションをつけることで調べられます。

git fetch で停止

上の例では、git fetch の部分で動かなくなっていることがわかります。

pod setup が動かない例

pod setup が動かない例

この場合も、git でリポジトリをクローンしようとしているときに動かなくなっています。

解決法

Cocoapodsのリポジトリがあるディレクトリで、直接 git clone を行います。リポジトリは以下のパスに存在するはずです。

~/.cocoapods/repos

このディレクトリで以下のコマンドを入力してリポジトリをクローンします。

git clone https://github.com/CocoaPods/Specs.git master

その後 pod setup を行えば、問題なくアップデートが行われるはずです。以下は上記の手順を実際に行った場合のターミナルの出力です。

Cocoapodsの修正方法

pod install に失敗するときの対処法

コマンド pod install によるライブラリの導入時に「Abort trap: 6」のようなエラーが出て中断される場合があります。

cocoapodsでライブラリ導入時にエラー

上記の手順でも、この不具合は修正されませんでした。

そこで、一度 Cocoapods を削除後、最新版(ベータ版も含む)の Cocoapods を再インストールしてみました。

sudo gem uninstall cocoapods
sudo gem install cocoapods --pre

gemにcocoapodsを再インストール

すると、このエラーは解決しました。

pod install に成功

以上、CocoaPods が正しく動作しなくなった時の対処法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*