[Swift3.0] UIImageViewで表示された画像をカメラロールに保存する

By | 2016年8月19日

Swiftでアプリ内の画像をタップするとカメラロール(フォトアルバム)に保存できるプログラムサンプルです。

UIImageViewにタップイベントをつける

アプリ内に表示した UIImageView をタップすると、それに含まれる UIImage を取得して画像としてカメラロールに保存するプログラムです。

UIImageView は、そのままではタップイベントを受け取れないため、addGestureRecognizer でタップジェスチャー UITapGestureRecognizer を追加します。

UITapGestureRecognizer を追加した View は、ボタン以外の要素でもクリックに反応するようにできます。

imageView.addGestureRecognizer(UITapGestureRecognizer(target: self, action: #selector(クリック時の処理を書いたメソッド)))

UIImageをカメラロールに保存

取得したUIImageをカメラロールに画像を保存するには、関数 UIImageWriteToSavedPhotosAlbum を使用します。詳しくは以下のAPIリファレンスをご覧ください。

UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(_:_:_:_:) - UIKit | Apple Developer Documentation

保存を試みた結果をダイアログ(UIAlertController)で表示します。

アプリからカメラロールにアクセスするための設定

iOS10からは、カメラロールに画像を送ったりする場合は info.plist に Privacy - Photo Library Usage Description の設定が必要になります。

アプリから画像をカメラロールに保存するためのinfo.plistの設定

このキーの値(Value)には、なぜアプリがカメラロールにアクセスする必要があるかの説明を書きます。

サンプルソースコード

新規作成したプロジェクトの ViewController を以下のように変更してください。


import UIKit

class ViewController: UIViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        // 保存対象の UIImageView を作る
        let imageView = UIImageView(image: UIImage(named: "sample.png"))
        imageView.frame.size = CGSize(width: 300, height: 300)
        
        // UIImageView がタップできるようにイベント追加
        imageView.userInteractionEnabled = true
        imageView.addGestureRecognizer(UITapGestureRecognizer(target: self, action: #selector(self.saveImage(_:))))
        
        // 画面の中心に UIImageView を配置
        imageView.center = self.view.center
        self.view.addSubview(imageView)
    }
    
    // セーブを行う
    func saveImage(_ sender: UITapGestureRecognizer) {
        
        // クリックした UIImageView を取得
        let targetImageView = sender.view! as! UIImageView
        
        // その中の UIImage を取得
        let targetImage = targetImageView.image!
        
        // UIImage の画像をカメラロールに画像を保存
        UIImageWriteToSavedPhotosAlbum(targetImage, self, #selector(self.showResultOfSaveImage(_:didFinishSavingWithError:contextInfo:)), nil)
    }
    
    // 保存を試みた結果をダイアログで表示
    func showResultOfSaveImage(_ image: UIImage, didFinishSavingWithError error: NSError!, contextInfo: UnsafeMutableRawPointer) {
        
        var title = "保存完了"
        var message = "カメラロールに保存しました"
        
        if error != nil {
            title = "エラー"
            message = "保存に失敗しました"
        }
        
        let alert = UIAlertController(title: title, message: message, preferredStyle: .alert)
        
        // OKボタンを追加
        alert.addAction(UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: nil))
        
        // UIAlertController を表示
        self.present(alert, animated: true, completion: nil)
    }

}

サンプルの実行結果

UIImageView保存サンプル

アプリ起動後、画面中心に UIImageView が表示されます。

フォトアクセス確認ダイアログ

画像をタップすると、初回は写真の保存をアプリに許可するかどうかの確認ダイアログが表示されます。 OKを押して許可してください。

カメラロールに保存完了

すると、画像がカメラロールに保存できたことがダイアログで表示されます。

カメラロールに保存された画像

実際に「写真」アプリを開いてみると、保存されているのが確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です